資格「女性であること」

仕事をしていく上で、近年は資格というものは切っても切れないものになってきています。少し前に調べたんですが、数も種類もまあ
ホントに多くて…マイナーな民間資格も合わせると相当な数にのぼります。確か800とか超えてなかったかなぁ…
特に、保育士・看護師・医療事務・薬剤師などが人気のようです。
最近では病院以外の施設や企業でも働けるので、転職し、看護師を目指す人も増えているようです。

あとは、ネイリストなどの美容系の資格も上位に上がっていました。
しかし極端な話になってしまうんですけど、もっと根本的な資格が必要になる仕事ってありますよね。例えば資格…と言えるのかは
わからないんですけど、「男性である」「女性である」ことが資格になるような仕事、ありますよね。

まあわかりやすく女性の仕事に視点を向けてみましょう。当たり前なんですけど、例えば何かのキャンペーンガールですよ。
当然っちゃあ当然なんですが、仮にこれを男性がやりたいと言いだしたら…想像しただけで嫌になりますorz
男性がどうあがいてもできませんよね。完全に女性の仕事ですよ。それこそ書いてないだけで応募資格の欄に「女性であること」が
大前提になりますから。むしろそれに応募する男性というチャレンジャーも見てみたい気もしますが(笑)
単純に女性限定、となると水商売をイメージする方も多いかと思いますが、そこは男性もいますから、必ずしも女性である
事が前提ではないんですよね。ホストとか。

ま、要は華やかな場や空気を演出するのには女性の方がいい、ってんでしょうね。野郎じゃどうあがいても引き締まった空気には
なっても、華やいだ雰囲気にはなりませんよね。男性視点ではありますけど。そういうのは女性の仕事、要女性であること、ってことで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

(Required)

Proudly powered by WordPress   Premium Style Theme by www.gopiplus.com